読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるぽの

ゆるゆるとホ・オポノポノやスピリチュアルや引き寄せをしたり考えたりするブログです。

ホ・オポノポノの世界観 〜その1〜

こんにちは、nenecoです!

 

前回紹介した「クリーニングツール」、

これさえ唱えれば

とりあえずオッケー!という、

 

・ごめんなさい

・許してください

・ありがとう

・愛しています

 

の、4つの言葉ですが、

 

最初はとりあえずなんとなく

念仏のように唱えていたものの

イヤーな人に会って

イヤーな気分になった時に

 

「ごめんなさい、許してください」

「ありがとう、愛しています」

 

なんて無表情で言ってても

なかなか納得いかなかったりします。

いくらそう思ってなくても

唱えるだけで良い、と言われても

なんだかモヤっとする。

 

このモヤっとを解決してくれたのが

 「ウニヒピリ」

という存在を理解することでした。

 

というわけで、今回は

「ウニヒピリ」にたどり着くために、

まず「ホ・オポノポノの世界観」を

見てみたいと思います。

 

ついでにいうとこのあと「ウニヒピリ」以外に

「ウハネ」と「アウマクア」と「ディヴィニティー」

というのが出てきます。

 

ウニヒピリだけでも何がなんだかなので、

点線の部分は読み飛ばしてもらっても大丈夫です(笑)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ウハネ」が「ウニヒピリ」に

記憶のクリーニングを依頼すると

「ウニヒピリ」が元になる「記憶」を探し、

「アウマクア」にそのことを伝え、「アウマクア」が

「ディヴィ二ティー」へとそれを伝えて、

「ディヴィニティー」がその記憶を

消去してくれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

という仕組みと世界観だそうです……。

 わたしもこれを最初に見た時は

「なるほど、わからん!!」

と思いました!大丈夫です!

 

中二病かな?みたいな展開に不安を覚えたので、

ネットの情報収集以外にも

ちゃんと書物などを読んでみようかな…、

という気持ちになったので

わたしがホ・オポノポノをきちんと

詳しく知ろうと思った

最初のきっかけかもしれません(笑)

 

というわけで、

 

「ウハネ」

「ウニヒピリ」

「アウマクア」

「ディヴィニティー」

 

この4つを、理解するために

本で説明されていた言葉や、

わたしがこれらに近いと感じた言葉で

置き換えてみると…

 

・ウハネ…………自分、顕在意識、等。

・ウニヒピリ………潜在意識、内なる自分、インナーチャイルド、等。

・アウマクア………超意識、ハイアーセルフ、高次の自分、等。

・ディヴィニティー………神聖なる存在、宇宙(引き寄せの法則)、神、等。

 

こんなイメージかなあ…。

 

ちなみに参考にした本は

はじめてのホ・オポノポノ」と、

はじめてのウニヒピリ」です。

 

「ウハネ」「ウニヒピリ」「アウマクア」は

すべて「自分」で、

「ディヴィニティー」だけ、

自分以外の「何か」ですね。

 

引き寄せの法則で言うところの「宇宙」に

相当するものが「ディヴィニティー」かな、

とっています。

 

引き寄せの法則をご存知ない場合だと

「神様」とかになるのでしょうかね…。

 

「ウハネ」「ウニヒピリ」「アウマクア」は

全て自分です。自分という存在を

「顕在意識」「潜在意識」「超意識」

の3つに分けて考えて、

それぞれに人格を持たせるイメージ。

 

「潜在意識」の擬人化が「ウニヒピリ」

「超意識」の擬人化が「アウマクア」

「ウハネ」は自分なので自分ですね(笑)

 

 こんな感じて、3種類の自分と、

ひとつの世界があるイメージを

まず自分の中に持ちました。

 

「潜在意識」は、スピリチュアル以外でも

心理学や、占いなんかでも使うし、

自分ではっきりと自覚していない自分の気持、

といった意味で使われることが多いので

おそらく聞き慣れている人が多いと思いますが、

 

「超意識(ハイアーセルフ、ハイヤーセルフ)」

という単語は、スピリチュアル系に興味がないと

耳慣れない単語かもしれません。

わたしはスピ系やビジョン心理学などで

初めて耳にした単語でした。

 

というわけで、

次回は、まず「アウマクア」について

わたしなりに掘り下げてみようと思います。

 

ハイアーセルフや超意識については知ってる!

という場合は「アウマクア」の理解は

十分だと思います!

 

それでは、今回はこのへんで!

ありがとう、愛してます!!